Shutokou Hero 01

by Dasun Perera

16.jpg

ここで自分の人生の何かを話すのは今回が初めてです。
だから、僕の中で重要な事を紹介したいと思います。
僕は何度か引っ越しをし、多くの場所でたくさんの友達に出会い、育ちました。
でも、唯一、常に変わらなかったのは車への愛情でした。

This is my first time actively contributing something from my own life, so I thought I'd start off with a topic near and dear to me. See, I've moved around and been in many circles. But the one thing that stayed constant was a love for automobiles.

15.jpg
17.jpg

昔、僕は、YouTubeで走り屋たちが東京の高速道路をあり得ないスピードで運転をしたり、山道のコーナーをドリフトして滑走しているのを見ました。
当時の僕は、ニューヨークの郊外に住む普通の中学生でした。僕は日本に行きたかったですが、それが叶うのは遠い現実だと思いっていました。

これから話を進める前に、伝えたいことがあります。それは僕は車以外にも日本の全てが大好きということです。
でも、その理由を伝えたくても、言葉では自分の気持ちを上手く伝えきれません。

Growing up, I watched grainy videos on YouTube of racers pushing their cars to insane speeds on the highways of Tokyo, or sliding around corners in the mountains. At that time, I was just a middle‐schooler living in the suburbs of NYC. I wished I was there to see it in person, but then the truth was that it was a distant reality.

Now without getting too carried away, I should probably mention now, that I loved everything about Japan in general. However If I were to explain why right here, it would never come across as eloquently as I would like it to.

DSC_5652.JPG

昨年、日本で初めて車を購入しました。それはランサーエボリューションⅤです。
何故その車を購入したかというと、購入する予定だったシルビアS12が想像していたよりも状態が良くなく、自分で整備が出来ないくらいだったからです。

I bought my first car a Lancer Evolution V in Japan last year, almost on impulse because the S12 Silvia I originally wanted to buy that day, turned out to need a lot more love than I could muster up at the time.

1548749066624.jpg
1548749062049.jpg

僕は、運転免許を取得してから日本に住むまで、A70スープラ3台とZ20ソアラ1台など他にもたくさんの車に乗りましたが、ほとんどがトヨタの車でした。
なので、三菱のランエボは全く違う存在でした。
でも、ランエボのお陰で"The Hvnters"との運命的な出会いに繋がりました。

Coming from Old school Toyota's and owning three A70 Supras and an MZ20 Soarer, The Evo was a completely different animal. But that led to my fateful meeting with one of "The Hvnters" who also owned an Evo V of similar spec.

1548749097995.jpg

彼たちに出会ってから、あの古い動画で見たライフスタイルを次々と現実で見ることができました。

僕は、この世界の人々が持っている情熱に感銘を受けました。彼らは、ヤンキーではない。他人に迷惑をかけるようなことはなく、一生懸命に働いている社会人でした。僕はそこまでのハードコアには程遠いです。
目の前で現実を見て、"走り屋"という言葉は簡単には使えないと思いました。

Upon meeting these individuals, I was introduced more and more to the life I had seen in those old grainy YouTube videos. I was struck by the passion that these people had, and how they weren’t just hooning around, but in most cases we're respectful and hard working members of society. And I’ve realized I'm nowhere near as hardcore, as those who have been living this lifestyle for years. That’s why I don't use the term “street racer” lightly anymore.

3.jpg
2.jpg
But the one thing that stayed constant was a love for automobiles
— 唯一、常に変わらなかったのは車への愛情でした。
6.jpg
4.jpg
5.jpg

僕たちのチームリーダーのアルボは、以前から彼のYouTubeチャンネルで日本の車の文化を世界に紹介しています。メンバーは彼をサポートし、そして僕たちメンバーもそれぞれ伝えたいことを紹介しています。

Drift Hunter Albo, who is the star of our troop, has the vision to introduce the world to this lifestyle. And the rest of us will play our respective parts to further this vision while showing our own perspective.

1550735769896.jpg
11.jpg
10.jpg

この記事を読んでいる人の多くは、車好きではない、あるいは、何が魅力か理解できないかもしれません。
だから、僕は車の事以外にも外国人から見た"日本"の好きな文化を見せていきたいです。
もうすぐ日本に住んで2年が経ちます。
子供の頃、あの古い動画を見た時の気持ちを忘れず、謙虚に。
あの頃見たあの瞬間を、いくつか再現できたらいいと思います。

A lot of people who see this might not like cars or even understand their appeal. So trust me, I want to show you my "Japan" since I've been living here for about two years now. But first, let me humbly start by trying to recreate some of those moments I saw as a kid.

 
Let’s go for a drive.
— じゃあ、ドライブに行こう。
 

Written by: Dasun Perera
Photography: Dasun Perera

Japanese translation by: Yuuka Perera



AutomotiveDasunJDM, The Hvnters, Cars